高齢者の味方!ニチレイフーズ

高齢者が宅食サービスを利用する理由

高齢者が自炊しない理由

高齢者の人で自炊が可能でも、宅食サービスを利用している人が多いといわれています。
理由は調理技術はあるが少量の食事を作ることが難しいことと、冷凍食品だと調理の手間が省けること、さらに健康面を気にせずに食事を摂ることができるからです。
ニチレイは2004から始めた惣菜セットを中心に、そのようなニーズに応えるため商品開発を進めています。

健康面は素人ではどうしても計算ができないため、プロに任せるしかありません。
管理栄養士監修の元に作られた食品であれば安心して食べられますので、自炊する必要がなくなってくるのです。
また、高齢者向けに作られた食品が開発されていますので、適切な量と栄養を摂取することができます。

宅食サービスの利点

高齢化社会が懸念されている日本で、問題になっている一つが高齢者の一人暮らしです。
高齢者が一人暮らしですと何かあった時に誰も対応することができません。
宅食サービスですと定期的に自宅に訪ねますので、見守り効果も期待できるのです。
届けてもらうだけ、と考える人も多いでしょうが誰かが見ているということが重要で、独りになることを抑止できます。
見守りサービスも行っている宅食サービスも存在していますが、価格が高くなってしまいますので、利用できない人もいるかと思います。
安否を確認できることが第一ですので、宅食サービスは画期的な事業といえます。

ニチレイは消費者のニーズを取り組む姿勢ですので、これから様々なサービスが生まれる可能性があります。
これから宅食サービスがもっと利用価値のあるものにしていくのだろうと思われます。


この記事をシェアする